納得のいく企業を選ぶことの重要性

転職希望者が選ぶ会社の規模について

 インターネットなどで、転職希望者にアンケートを取ってみると、最近は会社の規模にこだわらないと回答している人が多いです。つまり、昔のように大手の会社へ転職を優先して考える人は少なくなっていて、中小企業やベンチャー企業であっても、自分の能力が発揮できる会社であって、良質な会社ならば規模を問わずに入社する事を考えている人もいます。

 

 しかし、ビジネスの現場では、安定志向が目立っている傾向で、大手の会社や系列の会社を希望している人も多いです。ビジネスの現場では、最前線で活躍するという意識を持っていて、分かりやすい会社であれば転職の競争も激しくなります。

 

会社の規模や流行に左右されない会社の選び方

 企業を運営して行く場合、長く運営できている会社でも数十年程度の運営の長さが限度です。会社の経営の手段や方法などによっては、数年程度で会社を折りたたむ所もあります。

 

 最近では、外資系の企業が国内で先行しながら運営をしています。流行や会社の実績に惑わされずに、自分の将来性とポジションを鑑みて、納得した企業選びが大切です。

 

有名企業は必ずしも安定していない

 国内の企業において、時代の流れによる経営の手法の変遷やグローバル化によって、厳しい競争の時代に入る事は確実です。有名企業も、数十年後には会社の更正法などの適用を受けている所が多いです。将来は安堵と限らない事を考えながら、大手の企業や優良な企業という考えを持って、安易な志望動機を持たない事が大事です。

 

 自分の適性のある職場は中小企業を含めて、多く存在します。企業分析をしながら転職を考えることが転職の成功につながります。